旅の始発駅
ご予約・お問い合わせ/tel042−531−5400 メールお問い合わせ


☆とっておき散歩みち♪01☆

「羽村・山口軽便鉄道跡を訪ねて!〜トンネル編〜」







<旅の始発駅駅長からのプチたびガイド>〜武蔵村山を歩こう〜
「とっておき散歩みち♪〜羽村・山口軽便鉄道跡を訪ねて!・トンネル編〜」
みなさま、まずは、多摩モノレール上北台駅に9時30分にご集合くださいませ!
もし、化粧室やおやつの買い忘れがあっても大丈夫♪
バスの出発時刻は、9時45分でございますから・・・
そして、私たちを「武蔵村山」へといざなう「市内循環バス」(通称MMシャトル)にご乗車いただきます!
ここで、「モノレールでは行けないの?」なんて聞かないでくださいませ。
現在(2020年)のところ、ここ「上北台駅」が終点なのです。
そして、バスの座席でございますが、やはり進行右側がおすすめでございます!
これは、これから堪能していただく「狭山丘陵」をご覧いただきたいから・・・
バスは、しばらく市街地(武蔵村山も意外と人口があるんですよ、畑も多いですが・・・)を進み、約15分で
「横田トンネル前」バス停に到着♪
ここからしばらく歩道をお進みいただきます!
まもなく右手前方にポッカリと開いた「横田トンネル」を見つけることができるでしょう♪
みなさまは、きっと、「なぜ、こんなところに・・・」と思われるはず!
まさに、この「トンネル」が、かつて「多摩湖」「狭山湖」を造成する際に資材を運んだ
「羽村山口軽便鉄道」の遺構なのです!
まずは、みなさまを小さな川(これは、荒川水系の「空堀川」の源流)を渡り「横田児童遊園」へご案内いたします。。。
ここで、ぜひ、「横田トンネル」を背景に記念撮影を!
それと化粧室もお済ませくださいね!(わりと清潔な施設がございますから・・・)
「横田トンネル入り口付近」(狭山丘陵にぽっかりと隧道が・・・)
横田トンネル入り口付近

そして、いざ、「狭山丘陵」のふところへ・・・
そのトンネル内に一歩ずつ・・・ひんやりとした空気がみなさまを包み込むでしょう!
実は、この空気、夏は涼しく、冬には温かく感じるんですよ♪
そして、小さな子供たちは、自分の声が響くことが楽しくて、大きな声を出したりして・・・
そこは、ちょっとした「非日常空間」であり
そう、この「トンネル空間」は、多様な世代が安心して散策することができる「とっておき散歩みち♪」なのです!
全国に鉄道の廃線跡は数あれど、「トンネル」を自由に歩ける場所は、意外と少ないはず・・・
みなさまも、こんな「空間」をのんびりとお楽しみくださいませ♪
そして、ゆっくり歩みを進めても10分弱で「横田トンネル」を踏破・・・
そこには、数軒の集落が、でも、意外とみんな新しいおうち!子供たちのはしゃぎ声だって・・・
でも、感じていただけるのは、車の音よりも「野鳥たちのさえずり」♪
それは、まるで「狭山丘陵」の自然たちが、みなさまを歓迎しているかのよう♪
「赤堀トンネル」(谷間の住宅街にトンネルが・・・)
赤堀トンネル

さらに、「次の「赤堀トンネル」へ!
このトンネルは緩やかに右方向に弧を描き、まさに鉄道の隧道の様相・・・
こんなカーブを歩いていると、子供の頃自転車をこぎながら
「鉄道の運転手気分!」だったなぁ♪なんて。。。思い出したりして・・・
さらに、その先の「御岳トンネル」の入り口と、そのかなり奥に小さく出口のかすかな明かりが・・・
このトンネル群!ほぼフラットで傾斜がないので、ご高齢の方々の散策にもぴったりなのです!
さあ、みなさま、一歩ずつ楽しみながら進みましょう♪
「御岳トンネルの出口付近」(まさに狭山丘陵の森の中・・・)
御岳トンネル

そして、「御岳トンネル」の出口へ・・・
ここで、みなさまを包み込む空気が、全く変わったことに気づくはず!
ここまで来ると、みなさまは、まさに「狭山丘陵」の中♪
そこは、うっそうと茂った雑木林の森♪
ぜひ、歩みを止めて深呼吸をしてみてくださいませ♪
できたての新鮮な空気が、そして、何とも懐かしい木々の香りが・・・
さらに、丘陵全体に響き渡る野鳥たちの喜びのコーラスが・・・
みなさまを優しく包み込み、ずいぶん遠くまでやって来たような錯覚さえ・・・
そんな空間を、森林浴を楽しみながらゆっくりと進みます♪
その散歩みち♪の右斜面からは湧水が流れ落ち、左側には「番太池」が・・・
運が良ければ、サギたちのたたずむ姿にも・・・出会えるかも?
この「番太池」を水源とするのは、荒川水系の「奈良橋川」!
先ほどの「御岳トンネル」で超えた丘陵が、「空堀川」との分水嶺なんですよね♪
そして、この「空堀川」と「奈良橋川」・・・
ここから約3〜4km下流で合流するのですが。。。
こんな小さな川と複雑に入り組んだ丘陵の地形・・・
「川」と「地形の関係」をテーマに散策していくのも楽しいですよね♪
今回の「とっておき散歩みち♪」のツアーは、
ここ「番太池」にていったん解散といたしますが、
みなさまは、この先の「赤坂トンネル」を超えて冒険するのもよし!
「赤坂トンネル」(こんな場所に「赤坂」が・・・)
赤坂トンネル

さらに尾根に登り「多摩湖歩行者自転車道」を散策するのもよし!
次回の「とっておき散歩みち♪」ツアーの集合時刻に、ぜひ、お集りくださいませ♪
(2020年4月14日FB投稿)






駅長が「武蔵村山」をご案内へ

トップページへ