旅の始発駅
ご予約・お問い合わせ/tel042−531−5400 メールお問い合わせ


☆とっておき散歩みち04☆

「羽村・山口軽便鉄道跡♪〜さくら回廊編〜」







「とっておき散歩みち♪〜羽村・山口軽便鉄道跡を訪ねて♪(桜回廊編)〜」
みなさま、「横田トンネル」入口付近には、お集りいただけましたでしょうか?
ここからが、「桜回廊散策」の始まりとなります!
さぁ、ゆったりとした気分で歩みを進めて参りましょう♪
「春告げ鳥」だって、彩の季節を歓迎しているかのような透き通ったさえずり♪
「横田公園」
桜回廊散策は横田公園から
まず、みなさまは、小さな小川を渡ります・・・
この川は、「源流散策」でご案内させていただいた荒川水系の空堀川!
この地点から数百メートル上流に源を発し、なんと、
約十数km下流でいったん埼玉県に入り、最終的には隅田川となって東京湾に注ぐ河川で
このあたりには、今では貴重な小川風景が残されています。
ここから、南西方向へ「羽村・山口軽便鉄道跡」(野山北公園自転車道」)の空間が、
ほぼ直線に伸びているのです!
そして、この直下には「送水管」が埋設されていて、
多摩川の水を多摩湖へと運びます!
この軽便鉄道跡の「水道道路」!
私たち、地元で育った者としては、幼少期から当たり前に存在する空間なのですが
ここ武蔵村山でも、少しずつ市街化が進み
今となっては、とても貴重なパブリック空間を形成しているのです♪
そして、この彩に満ち溢れた刹那な時を迎えることとなります♪
「桜回廊」
桜並木@
そこには、数十メートルおきに植樹された「桜並木」が・・・
そんな「桜回廊」にゆっくりと歩みを進めると・・・
桜たちは、一年で、最も、それでいて静かに、彩の季節の訪れを喜びます!
その沿道には、昔から変らない素朴な集落が・・・
はたまた、最近建てられた真新しい住宅が・・・
そんな、常に新陳代謝を繰り返す「まち」が広がります!
そこには、おばあちゃんたちが日向ぼっこしていたり・・・
農家さんが取れたて野菜を販売していたり・・・
もちろん、ゆったりとお散歩する人々も・・・
そんな風景も武蔵村山の春の日常かも知れません♪
そして、旧青梅街道を渡る頃。。。
「桜回廊」
桜並木A
その「桜回廊」の空間が、さらに西南西へ・・・緩やかな曲線を描きます!
そんな空間を眺めながら進むと・・・
なるほど!できる限り効率よく「羽村」と「多摩湖」を鉄道で結んだルートであることが手に取るように浮かび上がるのです!
みなさま、ここでちょっとしゃがんで見てくださいませ♪
そこには、かつて物資を運んだ鉄路が描き出されますから・・・
こんな、春の小さな贈り物空間」を歩いていると・・・
なぜか行き交う人々が、みんな笑顔で挨拶を交わしたりして・・・
「桜回廊」脇に住む小さなお子様だって・・・
覚えたての言葉で「こんにちは♪」。。。。
こんな光景に、ふと出会うと・・・
思わず、小さくしゃがみこんで「こんにちは!」って言ってしまいますよね♪
そんな小さなお子様も、桜色の季節を全身で楽しんでいるよう♪
さらに、私たちは歩みを進め・・・
新青梅街道手前で一休み!
ここにモノレールが走る頃・・・
今と変らない「桜回廊」は、存在している♪
そんな休憩中に、話しかけてくれるおばちゃんが・・・
「ここを毎日歩いて、足腰を鍛えている!」とのこと。。。
「桜回廊」
桜並木B
この「桜回廊」の空間!
きっと、周りがどんなに市街化されても、そのまま残っていく♪
このような武蔵村山の日常風景!
そんなおばちゃんのお話を聴いていると・・・
この地域の方々は、健康寿命がどんどん伸びていきそうな・・・
そんな空間が、住まいの、すぐ近くにあるんです♪
みなさまも、ぜひ、体験してみてくださいませ♪
今回の「とっておき散歩みち」のツアーは、ここで解散となりますが・・・
まだまだ余力のあるみなさまは・・・
新青梅街道を超えて、横田基地のフェンスを確かめるのも良し、
はたまた、その手前にある「山王森公園」で、もうひとつのお花見をするのも良し・・・
また、次回の「とっておき散歩みち」のツアー集合時刻に
お目にかかれることを楽しみにしております♪
(2021年4月2日FB投稿)



駅長が武蔵村山をご案内へ

トップページへ