旅の始発駅
ご予約・お問い合わせ/tel042−531−5400 メールお問い合わせ


☆プチたび海外01☆

「ちょっと足を伸ばしてみませんか?〜香港編@(ニュータウンの軽鉄を訪ねて〜」







「ちょっと足を伸ばしてみませんか?〜香港編@
(ニュータウンの軽鉄を訪ねて)〜」
人生の中で何度となく訪れている香港!
先日、こんなところに行ってみることにしました!
まずは、九龍の中心地尖沙咀にあるMTR「尖沙咀東駅」へ!
そこには、近未来的な地下空間が広がり、
ホームには壁面と一体的に整備されたホームドア・・・
そこでは、列車の走行音さえ聞こえない!
日本のそれとは大きく異なり
駅構内に流れるアナウンスも的確かつ、最低限に抑えられ、なんともわかりやすい。
(本来、公共空間の情報提供はこうあるべきかも知れないと・・・)
そして、今回の目的地「屯門駅」行の列車が音もなくホームに滑り込む・・・
ホームドアが開いて初めて、列車の存在に気付くくらい・・・
さらに、ホームと列車との段差は全くなく、出発のアナウンスも
車内と駅構内に同じ音声が流れてくる!
これは、合理的かつ、旅客に一番わかりやすいアナウンスであると思った!
列車は静かにホームを離れ、「軽鉄」を訪ねる小さな旅の始まりとなりました。
都心部の駅に何か所か停車して、列車は郊外部へ・・・
さらに、高架区間へと変わり大欖トンネルを高速で超えて行きます!
この辺りは、新界と呼ばれるエリアで、かつての田園地域。。。
しかしながら、香港中心部の住宅問題を改善すべく
約40数年前からニュータウン開発が進み
現在では、見渡す限りの高層住宅街へと・・・
そんな都市空間を眺めながら、約30分で終点「屯門駅」に到着!
今回の目的は、
ここから「屯門ニュータウン」内に路線が広がる「軽鉄」に乗車すること!
(「軽鉄」とは、字のごとくライトレール。。。次世代型の路面電車のこと)
MTRの改札を抜けると同一平面上に「軽鉄」のホームが・・・
(実に乗り換えがスムーズ!これが本来の「交通結節機能」ではないかと。。。)
そして、待つこと数分!MTRのとなり駅「兆康駅」行の「軽鉄」が・・・
「屯門駅」をゆっくりと滑り出した「軽鉄」の電車!
時には右に、また時には左に進路を取り、
はたまた、テーマパークのアトラクションのように・・・
高層住宅が建ち並ぶ「屯門ニュータウン」の街中へと吸い込まれていく。。。
それは、まるで模型の世界!
というのも、その街中に縦横に張り巡らされた「軽鉄」の軌道!
そして、路線バス網のようにニュータウン全体を紡ぎます♪
さらに、数百メートルおきに設置された電停(「軽鉄」の駅)には、
もちろんホームとの段差は存在しない!
そして住宅街へと遊歩道が整備されている♪
こんな環境に住んでいたら、
用事がなくても「軽鉄」に乗って外出してみたくなってしまいますよね♪
そんな「軽鉄」の小さな旅も約30分でMTR「兆康駅」に到着!
「軽鉄」と一体で整備された「屯門ニュータウン」を堪能する旅もここで終点・・・
ここ「屯門ニュータウン」の興味深い点は・・・
2004年に完成したMTR西鉄線の開業以前から
ニュータウン全体に「軽鉄」を計画的に整備して開発を進めてきたこと!
私は、ここからさらに「軽鉄」を乗り継ぎ「元朗駅」へ向かい
香港郊外のB級グルメを味わいたいと思いますが
みなさまも、こんな異国の都市整備や交通政策に焦点を合わせた「小さな旅」に
出かけてみてはいかがでしょうか?
最後になりましたが、
数十年前から香港を訪れると必ず時間を忘れて眺めた「香港島の夜景」♪
やはり、オーシャンターミナルの屋上からのこの眺めが最高です♪
(2019年3月31日FB投稿)



駅長のひとりごとへ

トップページへ