旅の始発駅
ご予約・お問い合わせ/042-531-5400 メールお問い合わせ


☆鉄道02☆

「とっておき鉄道旅!〜SLやまぐち〜」







「とっておき鉄道旅!〜SLやまぐち〜」
山口まで来たら・・・
SLファンの私は、この列車は外せません!
快晴の翌朝、新山口駅の1番ホームには、少し早く付いちゃいました♪
でも、昭和生まれの私には、どうしても「新山口」はなじまない!
SL「やまぐち」号の始発駅は「小郡」ですよね♪
こんな場所にも町村合併の影響が・・・
いつの間にか、
小郡町が山口市に合併され、「新山口」に改称されてしまったようです。
こんなことも、「ふるさと」を感じる地名の消滅につながってしまうんですよね!
ほんとうに残念なことです!
さて、地名の話はさておき・・・鉄道旅に戻りましょう♪
10時20分発の山口行きが出た後
お待ちかねのSL「やまぐち」号が、ゆっくりと入線です!
1番線に停車した車両は、なんと最新式なのに昭和レトロを感じる車両♪
どういうことかと申しますと・・・
長年使用してきた「やまぐち」の客車!
国鉄時代の改造車で更新時期を迎え、
新たな「やまぐち」用の客車を新造することになったわけです。
そこで造られたのが、最新式のレトロ客車!
それでは、客車内へ・・・
入口の扉は、もちろん自動開閉式!
なんと開閉時には、「ピンポンピンポン!」の警告音まで。
そして、車内の奥へ進みます!
デッキ脇には車椅子対応の化粧室。。そして、っ広めの洗面スペース!
その先に通路を挟んで各6組のボックス席が並びます!
さらに驚いたのは・・・このボックス席♪
なんと座面が木製なのです!
まさに昭和初期の面影つぁっぷりですよね。
それでいて、9月にデビューしたばかり!新車の香りも・・・
さらに窓まで昭和レトロ♪昔懐かしい開閉可能なタイプ!
そして、今日の予約席は5号車12番ABCD席!
なんと、この席!下り津和野行きでは蒸気機関車に一番近い座席♪
少しだけ窓を開けてSL列車の臨場感を五感で味わおう♪
なぜなら、SLのドラフト音が一番聴きやすい場所なので・・・
そんな興奮状態の中、10時50分の発車時刻を迎えました。
1番線ホームには、出発を告げる乗務員の笛の音が静かに響き・・・
続いてドアの開閉音!
そして、一瞬の静寂の後、心の奥まで届きそうな力強い汽笛が駅全体に響き渡り・
SL「やまぐち」号は、音もなく2本の鉄路の上を滑り出しました。
それは、急に加減速する現代の電車とはあきらかに異なる
とても体にやさしい鉄道空間を感じるものとなりました。
そして、少しだけ開けた窓からは
さわやかな風と時折漂ってくるスチームのほのかな香り♪
さらに、蒸気機関車の力強いドラフト音のリズミカルなアンサンブル!
こんな鉄道時間は、
昭和生まれには、どことなく懐かしく
それでいて、平成生まれの世代には新鮮に感じるんでしょうね!
津和野駅までの約2時間のSL鉄道旅!
窓越しには、のどかな山口の風景が続きます。
そして、この最新式レトロ客車!で驚いたことが・・・
なんと、3号車にケームコーナーが・・・
抽選にはなるそうですが、列車のシュミレーターの体験ができるそうです!
みなさまも、こんなSL「やまぐち」号で
昭和次代ののんびり旅を体験するのも良し
はたまた、平成世代のお子様連れで新鮮なレトロ空間を味わいながら
思い思いの鉄道時間に身を任せてはいかがでしょうか?
(2017年10月15日FB投稿)



駅長のひとりごとへ

トップページへ